プログラマーを目指す不安と事実

卓越したプログラミング技術を持ったエンジニアには、子供の頃からプログラミングに慣れ親しんだという経歴を持つ人たちもいる。生まれつきプログラミングに適性があり、さらに技術を学び試行錯誤する環境に恵まれたため、高度なプログラミング技術を習得できたという経緯は納得ができる。しかし一方で多少は高年齢になってからでも、プログラマーを目指す事は遅くはない。多少は不安があってもプログラミングの仕事にチャレンジする価値がある。

例えば40歳からプログラミングの仕事を目指し学習を初めても業務は十分に務まる。確かに若い頃に比べると、加齢と共に新しい知識を身につける吸収能力は低下している。それでも実際に学習を始めてみると、年齢に関係なくプログラミングの技術を吸収できるケースが珍しくない。これは、吸収能力の低下を人生経験が補っていることも要因の一つである。若い頃は物事を学ぶノウハウをあまり持たないため、学習効率が悪い傾向にある。

40歳からプログラミングの仕事を目指す人の場合、これまでの経験からどのように無駄なく新しい事を学ぶかについてコツを理解している。40歳からプログラマーになる事に不安を感じ転職を躊躇しているのであれば、心配は無用である。最終的にプログラマーになれるかどうかは、本人のやる気に大きく関連し年齢はあまり関連性がない。むしろ仕事の基本的なノウハウを理解し経験を持つ分だけ、若い人たちよりも有利な立場にいる。
このように、第二の人生をプログラマとして歩んでいきたい方は『40歳から始めるプログラミング』というサイトが参考になるので覗いてみることをオススメする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です