今後のキャリアの目標

40歳からプログラマーを目指す事は、決して遅くはない。やる気さえあれば十分に仕事をこなすことができる。ただし40歳からIT開発の仕事を始めるなら、できるだけ早い段階でのキャリアアップを目標とした方が良い。もし定年まで働くとしても、40歳からであると時間的猶予はあまりない。またプログラマーの仕事は、肉体的精神的な負担が大きい傾向にある。開発スケジュールが遅れると徹夜続きで業務を行わなければならないケースもある。そのような厳しい仕事の現場でプログラマーとして働いた場合、たとえ本人の強いやる気はあっても体力が伴わない。

また無理を続ければ、うつ病などの精神疾患を発症しかねない。そこで早めにキャリアアップすると、比較的仕事の忙しさは軽減できる。またキャリアアップすれば収入が増えるため、生活が安定するメリットもある。そこでプログラミングの仕事を始めるにあたり、綿密なキャリアアップのためのスケジュールを立てる事が望ましい。目標がはっきりとしていれば、仕事への意欲がさらに高まる。

ただし、無理のない範囲でキャリアアップのプランを立てる心掛けも欠かせない。キャリアアップの条件が整うまでには、多くの知識や経験を積まなければならず、どうしても限界がある。無茶をして仕事とスキルアップに打ち込み過ぎると、肉体や精神面で不調をきたす恐れもある。あくまで実現可能な手堅い目標を設定し計画を立て、着実にその計画を実行する方が適している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です