40歳からでも遅くはない

40歳からプログラマーとして再就職したり転職したりすることは可能だろうか。この問いに対する答えは、「40歳からでも遅くはない」が正解である。しかし、現実には働く場所が非常に限定されることが考えられる。主な理由として、システム開発の工程のうち、プログラムを書くと言う作業は最も下流の工程に相当するからである。下流工程はコストの関係で高専卒や専門卒といった新人が担当することが多く、40歳以上の人間かつ未経験者がそこで一緒に働ける場所は、国内の企業では相当限定されると思われる。

さらに下流工程は長時間労働が常態化しているため、体力面からいっても40代の人間が働くことは、事実上、ほとんど可能性はないと考えて良いだろう。もちろんプログラマーとしての経験を積んでから個人事業主として独立して仕事を受注したり、収入が安定したら法人化(法人成り)して継続受注するという働き方も考えられる。だが個人で受注できるほどの技術力を見につけるには数年を要するため、これもそれほど現実味のある話ではないだろう。

そこで、年功序列と言った習慣のない国々で働くという手がある。近年は海外就職は珍しい話ではなく、むしろ国内企業でプログラミング以外の経験を積んでいる40代なのであれば、プログラミングの学習をした後、プログラマー達を管理するマネジメント方面で活躍すると言う手が考えられる。もちろん、国内企業でマネジメントとしての立場で働くというのも十分に可能性がある。だが海外就職の場合はそれに加え、「日本で働いていた経験」という点が、大きなアドバンテージになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です